browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

木曽路-開田高原編

Posted by on 2013年11月1日

さて、木曽福島駅へ午前11時半前に到着。さてどこでお昼とって駅レンに行こうかと迷う。

木曽福島駅前

最初、観光案内所(観光情報センター)が目に入らず、持ってきた地図を確認していたのでした。
しかしふと観光情報センターが目に入り、尋ねることにしました。ここで、お昼ごはんのお勧めを聞き、ここから10分ほど歩いた上の段という地区の肥田亭を紹介されました。郷土料理のお店だとか。

上の段入り口

上の段の入り口に木地の館というお店がありました。早速遠い昔の雰囲気です。
さて続いて歩いて行きますと。

上の段の街並み

上の段の街並みが見えてまいりました。肥田亭は、本日貸切でした!でもその手前のビストロがありました、今日はこのビストロで昼食を!ただ、レンタカーを借りるのでお酒(ワイン)が飲めず残念です。この松島亭なかなかのものです。かなりレベル高いお店です。(写真撮り忘れていました。リンクを見てください。)

食後、あせって駅レンタカーへ歩く。結構きつい。
レンタカーを借りて上の段地区から代官屋敷へ。

代官屋敷

山村代官屋敷。展示物には色々あったが印象に残るのはハレの時の食事のディスプレイです。
まぁ、つくりモノですが豪華な食事が再現されていました。今でもこんな食事はいくらするのだろうと下世話な感想をもってしましました。
この屋敷を後にする時は雨が降りだしていました。

で、開田高原、木曽馬の里へ行きます、雨なので馬にのることは無理でしょうが、馬は見れるでしょう。

木曽馬の里

このあたりまで来ますと、紅葉がきれいです。馬籠から妻籠ではまだまだの様子だったのに、新地蔵トンネルを抜けると紅葉がたくさんあった。トンネルで季節が変わったようです。この開田高原の木曽馬の里付近でも紅葉は素晴らしいものでした。(2013年の台風27号が近づいている時でした。)

木曽馬の里紅葉その1

木曽馬の里紅葉その2

雨の影響か霧状のものが山の上にかぶさっています。しかしながら紅葉は素晴らしいものです。写真、今回持参したカメラはニコンの小さいカメラで携帯性を追求するあまり、画質はいまいちですのでその辺は勘案してくださいね。実際はもっと綺麗です。

さて木曽馬ですが雨なので馬に乗ることはできなそうなので、厩舎を見学させてもらいました。
(後で聞いたのですが、雨でも引き馬という方法で室内で馬に乗れるそうです。)

木曽馬の里厩舎

お馬さんはおとなしくしていました。ちょっと馬糞臭かったのですが、馬たちは友好的でした。
さて、そろそろ今日の宿、マイアスキー場の近くまで行きます。宿の遊基地のサイトには、
カーナビが間違うことがあるので、北緯と東経を入力して下さいという表記がありそのようにしました。シーズンではないので車が全く通らない道をひた走りました。やっと到着した時には雨が降っていたので宿の写真を撮っていません。

宿で、近くの温泉施設やまゆり荘の割引券を頂きさっそく入浴しにいきました。やまゆり荘は、関西の方なら分かるかもしれませんが、有馬の金泉の薄いお湯的な感じでしたが、その効果は抜群でした。とてもあたたまるお湯、詳しいことはリンクを見て下さい。(ここも写真あるのですがピンボケなので全くわかりません、ゴメンナサイ!)

宿(ジャパンペンション遊基地)に到着し、しばらくして夕食に。
このペンション、食事がめっぽう美味しい!この時期はきのこが出されるということで、私はきのこが好きなので楽しみでした。期待以上のきのこが出てきました!他のものもとても美味しい!来て良かったと思うペンションです。(夕食はパッと見て美味しそうで食べることに夢中で写真を忘れてしましました。)

翌朝の食事の一部を写真に食欲に対抗して撮りました。

遊基地の朝食

これは、一部です。後はオレンジジュースと柿と梨があります。パンと野菜がめちゃめちゃ美味しいのです。当然ウィンナーと玉子も美味しいのです。普段こんなに沢山朝食を食べないのに玉子の一部とウィンナーの4分の1を残しただけでした。私にとっては食べ過ぎの状態でしばらく動けませんでした。

ジャパンペンション遊基地の予約はこちら!



にほんブログ村 旅行ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください